2012年05月22日

お無沙汰してしまいました!m(__)m

DSC_0032.JPGDSC_0048.JPG

先月4月24日20:58私の父は亡くなりました。

このことをどう皆様にお伝えし、何を書いても、書ききれない思いを、
どうBlogに書いたらよいうか迷ってしまい、ご連絡遅くなってしまい、
すみませんでした。

昨年の9月に膵臓癌の末期と診断され、余命半年を宣告されました。

最初は信じられませんでした。

膵臓癌は相当悪くなってからでないと症状が出てきません。

発見された時もまだ、元気でした。

しかし、入退院を繰り返し、少しずつ少しずつ病気は進行していきました。

でも父は、病気になり、どんなに苦しくても、
笑顔と優しさを忘れない、また前向きな人でした。

そのことがどれだけ、心の強さを要するものなのか、家族から見ていても分かりました。

病気の苦しみを、私たちに一度もぶつけたことはありませんでした。

でも思い通りに身体が動かない悔しさ、弱っていく悔しさ、
私達と、永く一緒に生きてゆけない悔しさ、
父が、母をこれからもっと幸せにしてあげたかったのに、できない悔しさ
痛いほど伝わっていました。

神様はなんで、母と父を引き離そうとするの?
って何度も思いました。

どれだけ父が、神様に、母に出会えて、結婚できたこと、家族ができたことを
感謝していたか。

なのになんで、、、、って今でも思います。

父は、言いました。

「身体が、どんどん悪くなって希望を持つことが難しくなっても、
感謝はできる。そしたら元気になる。」と。

だから、入院中も、感謝の言葉を、そして今までの楽しかったこと、
夢をたくさん紙に書いていました。

そこに書かれた父の夢は、私と母が、作詞、音楽が世の中に認められて、
みんなも喜んでいる、そんな絵を書いていたのです。

私と母の成功が父の夢だったのです。

それを心から願ってくれていたのです。

父と会えないのは、寂しすぎて、それがどうしようもないことも分かっています。

でも私の音楽の中に父はいるように思うのです。

父が、私が幼いころから、音楽を応援して育ててくれました。

父のエールをもらった私の音楽には父がいます。

父が亡くなったことは、私と母にとって最大の悲しみと不幸でした。

でも不幸と、幸福は同じ場所にありました。

だってこの治療を続けた半年間、家族の愛を、絆を、確かめ合った、幸せな時間でもあったからです。

父の最後の時、母は父に言いました。

「生まれ変わっても私は廣さんと結婚する!
だから必ずまた私を見つけて!」

私も言いました。

「パパとお母さんが結婚したら、私は二人を見つけてまた子供になるから!」

これが最後の約束でした。

「幸せな時間をありがとう」
と二人で、必死に叫んで、手を握り締め、父は最後、すぅっと涙を流して
亡くなりました。

今でもまだ父の死を信じられません。

でも父は私の音楽のことで、言った言葉があります。

「みんなの幸せのために音楽をやってね」

私にとって宝物の言葉です。

ふと、また
「琴子!」ってあの声で私を呼んでほしい

と思うことがあります。

もう二度と呼んでくれないのかと思うと寂しくてたまりません。

父が私が生まれてすぐのアルバムに書いていました。

「琴子に
強く生きる生き方
美しく生きる生き方
人を愛する生き方
を伝えていきたい」

・・・と。

だから、どんなに寂しくても私は生きなければなりません。

そして、私の周りの方、友達、先生、みなさんがどれだけ優しく私達、親子を、
励まし、支えてくれているか、今実感しています。

父が忘れなかった感謝の気持ち、私もずっと持ち続けていきたいと思います。









posted by kotoko at 02:49| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。